青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁の効果と効能を詳細に解説していきます。副作用の有無についても紹介!!

>>>詳細はこちらから<<<

ランキングでも一位になっているアイテムを筆者が体験&レビュー!!

>>>詳細はこちらから<<<


青汁は最強の健康食品!?

画像

青汁と聞くと、多くの人は何となく「不味い、苦い」というイメージが浮かぶかと思います。
しかし、実は青汁は健康・美容に非常に役立つ健康食品。
健康維持、生活習慣病対策やアンチエイジング、美活に活用することが可能です。

そして、最近の青汁は「すごく美味しい!」 (これには原材料の変化が大きく関係していますが、その詳細は青汁選びなら【味・美味しさ】のページで解説するとしましょう。)

美味しいから続く!続けることができるから、圧倒的な実感に繋がるのです。
また、値段に関しても最近は非常にリーズナブルになってきています。
高品質なアイテムでも手軽に買えるようになっているのです。

実は、筆者もそんな青汁を日々活用している一人。
理想的な青汁に出会う為に、つい最近まで試行錯誤をくりかえしてきました。
特に意識したのは「味・コストパフォーマンス・効果」などのポイント。

なぜ、今【青汁】なのか?

画像

日本人の生活リズムは大きく乱れていると言われています。 特に食生活については問題視されることが多いようです。

確かに、最近ではファーストフードやコンビニ弁当に代表されるように栄養価が偏りがちな食事を摂る機会も増えました。 運動不足の風潮も相まって、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を引き起こす人もかなり増加しています。

そういった健康不安に対して、世間では今、空前の健康食品ブーム。
青汁もその一つです。

そもそも2014年現在、日本人には慢性的に野菜が不足していると言われています。
野菜不足は血流の悪化を引き起こし、ドロドロ血液にしてしまいます。
それが生活習慣病の直接的な原因になってしまうのです。
また、肌荒れや老化の促進の原因にもなってしまいます。
そういった野菜不足による悪影響を予防・改善することができる為、今、青汁が大きな注目を集めているのです。

青汁ってそもそもどんな飲み物?

画像

青汁は簡単に言ってみれば、野菜のジュース、野菜のエキスです。

原料や製法はアイテムによって違いがありますが、大きく分けると下記のようなジャンルに分類することができます。 まず原料ですが、具体的には下記の通り。

素材・原料・・・

明日葉

画像

日本原産の野菜であり、八丈島などの暖かい地域で育つ。
味はほのかに甘く、苦味が少ないのが特徴。
最近では青汁のスタンダードな原料として定着してきている。
スーパーなどでも見かけることができる。
特有成分として、カルコンやクマリンなどが挙げられる。

これらの成分が含有されているという背景から、明日葉を素材として使用しているアイテムには下記の様な効果が期待される。 ダイエット・デトックス・アンチエイジングetc.

大麦若葉

画像

大麦若葉は穀物である大麦の青葉のこと。
苦味や青っぽさがなく、クセのない味わいが特徴的で、美容への効果は高いとされる。

その背景として挙げられるのが「SOD酵素」を含有しているということ。
これは強力な抗酸化パワーを持った成分である。

ケール

画像

緑黄色野菜の王様とも言われるほどの豊富な栄養素を含有している野菜。 日本ではあまりポピュラーではないものの、昔ながらの青汁にしばしば利用されていた。

その為、最近では大麦若葉や明日葉にその座を譲り渡してはいるものの、青汁のもっとも一般的な原料としても知られている。
ケールが素材となっている場合にデメリットになるのが「強烈な苦味」。
生で食べるのは殆ど不可能と言っていいほど苦く、日本人の口にはあまり合わない。
青汁が不味く、苦いというイメージは、明日葉や大麦若葉が普及するまでケールが原料としてポピュラーだったことが原因だと考えられるほど。

その他

この他にも最近では様々な素材が青汁に配合されている。
ゴーヤ、い草、緑茶などがその代表的な例。
しかし、いずれも上記の代表的な素材にプラスアルファの要素として加えられるパターンが多い。

製法・・・

代表的な製法として挙げられるのがフリーズドライ製法。
搾りたての青汁を急速冷凍させて、真空状態のなかで乾燥させます。
最近ではポピュラーになってきていますが、この製法は栄養価の保存率が高いと言えるでしょう。 目当てのアイテムがフリーズドライで作られている場合は安心してOK!

それに対して、青汁を単純に乾燥させたものはあまり品質が高いとは言えません。
製造段階で高温処理する過程があるので、ビタミン類が殆ど失われてしまうのです。

アイテムの種類・・・

粉末青汁

画像

もっともポピュラーなアイテムの種類が粉末青汁。
水や牛乳などで溶かして飲むタイプです。

冷凍青汁

絞りたての青汁をそのまま冷凍しているタイプ。
飲む時に解凍しなくてはいけないので、利便性に関しては他のアイテムより劣ります。
味に対する工夫も難しいので、味・飲みやすさも微妙?

画像

Menu Menu

Recommend

Other