青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁にはこんな効果・効能が!(副作用は?)

画像

青汁を摂取することによって様々な効果を実感することができます。
ここでは、その具体例を紹介していきます。
また、目的にあったアイテムも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

青汁で美容にアプローチ!

画像

青汁で美容やアンチエイジングに取り組む人も最近では急増しています。 確かに、筆者も青汁は若々しくキレイな潤い肌を手に入れる効率的な手段だと思います。

強力な抗酸化パワーを持った栄養成分を豊富に含有しているというのがその大きな背景で、これによって体を錆びつかせてしまう活性酸素を抑え込んでくれるからです。

例えば、青汁の原料として人気を獲得している大麦若葉にはSOD酵素と呼ばれる成分が含有されています。 この他にもビタミンCやビタミンEなどが豊富に含有されており、アンチエイジングには最適と言えるでしょう。

美肌を手に入れたいという人はぜひ有効活用してください。

生活習慣病の予防に!

画像

青汁と言えば、健康への効果が注目されるところ。
特に生活習慣病の予防には効率的に働きかけてくれると言われています。 そもそも生活習慣病の原因は大まかに言えば「血中コレステロール値」の上昇です。

食生活が乱れて栄養バランスが偏ったり、運動不足になったりすると、コレステロール値がどんどん上がり、ドロドロ血液に陥ります。 そして、血行不良を引き起こして様々な疾患を引き起こしてしまうのです。

これに対して、青汁で効率的に摂取することができる「食物繊維」が役立ちます。
食物繊維は血中のコレステロールを吸収してくれるのです。
これによって、ドロドロ血液を改善し、結果的には生活習慣病の予防につながっていきます。

便秘解消に!

画像

先述した食物繊維の働きはコレステロールの吸収だけではありません。 もっとも代表的な働きとして、腸のぜん動運動を促進させるというものが挙げられます。

これによって便秘を解消することができるのです。
また、便秘はニキビや吹き出物などの肌荒れを引き起こすこともあるので、そんなお肌のトラブルを改善することにもつながります。

副作用の有無について・・・

青汁に関する質問で筆者の元に頻繁に届くのが「副作用はあるのか?」というもの。
確かに効果が多岐にわたるだけに、そんな心配が出てくるのもわかります。
しかし、結論を言えば青汁は極めて安全な健康食品です。
副作用を心配する必要はありません。
(※特定の疾患や常用している薬との相性が悪い場合もあります。)

そもそも原料となるものが明日葉や大麦若葉などの野菜です。
「キャベツを食べ過ぎて副作用が!」なんていう話は聞きませんよね。
それと同じ理由です。

ただし、メーカーの品質管理の体制はしっかりチェックする必要があるでしょう。
香料や着色料などの余計な成分は入っていないかどうかなどを見極めましょう。

画像

Menu Menu

Recommend

Other