青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

人気の原材料分析・・・ケール

画像

元祖の青汁素材と言われているのがケールです。
日本ではあまりポピュラーではありませんが、海外ではかなりポピュラーな野菜。 アブラナ科の植物であり、リョクヨウカンラン(緑葉甘藍)という和名もあります。

原産は地中海沿岸で、キャベツの原種とも言われています。
栄養価に富み、特にビタミンの含有量が高いのが特徴です。
それゆえに「緑黄色野菜の王様」という別名もあるほど!

ただし、デメリットとして「とにかく苦い」という点が挙げられます。
その為、ケールの認知度が高い海外でも生野菜として食べることは殆どありません。
ロールキャベツの様に茹でて食べることはあるみたいですが・・・
それだけ不味さに定評がある野菜だけに、青汁にしてもやっぱり美味しいとは言えません。 粉末タイプや冷凍タイプでの摂取は難しいという人もいるかも。

ケール「栄養価は高いけどちょっとマズイ・・・」

概要:

画像

ツリーケール、ボアコールズ、スコッチなどの多彩な品種があるという特徴があります。

ちなみに、ケールが原料として使用され始めたのは、一枚の葉からたっぷりの青汁が絞れるという生産性の理由もあるのだとか。

実際にツリーケールからは葉一枚あたりで約200ml近い青汁が絞れるのだとか。
気候や土地などの条件を問わず、比較的栽培しやすい植物であるということもケールが青汁の原料として一般的な理由かもしれません。

ちなみに、最近では味に難点があるケールに代わって、明日葉や大麦若葉などが素材として人気を獲得しています。 また、大麦若葉や明日葉は美容に適した成分が配合されているということもあり、女性からの大きな支持を得ています。

含有されている主な栄養分:

メラトニン

メラトニンという成分が豊富であるという点は特筆すべきでしょう。

このメラトニンという成分は自然に深い睡眠へと導いてくれるもので、寝つきが悪いという人や快眠したい人におすすめです。
もちろん、ケールにはこれ以外にも豊富に栄養を含有しています。

その他の栄養成分

ルテイン:
(眼球や目の健康を支えてくれる成分として注目されています。)
ビタミンC:
(美しくキレイな肌をつくる為に必要不可欠なコラーゲンの生成を促します。その為、アンチエイジングや美容にしっかりと働きかけてくれるのです。)
リブロース-1:
(免疫機能を向上させる成分を分泌する働きを促進します。結果的に風邪やインフルエンザなどのウイルスに負けない強い身体を手に入れることができます。)

画像

Menu Menu

Recommend

Other