青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

明日葉に含まれる主な栄養素

日本で古くから利用されてきた明日葉。
今日摘み取っても翌日には新しい葉が出てきているという脅威の生命力のある明日葉は、料理にまた健康サポートとして利用されてきました。
家庭菜園などでも作っている家庭が多くなっていますね。

レシピもおひたしやてんぷらなど昔から楽しまれてきました。
明日葉の最大の特徴というと、カルコンという成分です。
カルコンはポリフェノールの一種ですが、抗酸化作用が強く体の内部がさび付くことがないように、さまざまな効果をもたらしてくれる成分です。

アンチエイジング世代には特に魅力的な抗酸化作用。
透明感のある肌、しみやしわのない美白肌に明日葉の成分が力を貸してくれます。
青汁の中でもケールは栄養素が豊かであると有名ですが、実は明日葉の青汁はそのケールをしのぐといわれるほどの成分を誇っています。

カルコンのほかにも、ビタミン類やアミノ酸類、カルシウム、カリウム、食物繊維と現代人に積極的に摂取してほしい栄養素の宝庫なんです。
そのため、食事などでも古くから積極的に食べてきたのですが、現代は料理に生かすということも少なくなりました。
明日葉の青汁も高い人気を誇っていますが、実はケールと同じように飲みにくいといわれる青汁です。
明日葉自体が嫌いという方も少なくありません。
あの独特な香りが苦手という方も多いんです。

明日葉青汁は、明日葉そのものの味があるため、どうしても飲めないという方も少なくことから、粒タイプなどもありますし、はちみつやレモンなどを配合したバリエーション豊かな商品も多くなっています。
明日葉が苦手じゃない、飲みにくさを感じないという方は、明日葉青汁の中でもストレートタイプを選択すると、明日葉の成分をそのまま丸ごと得ることができるためお勧めです。
カルコンやビタミン、ミネラルなどの健康効果の高い成分を豊富に含んだ明日葉青汁、毎日の健康に、女性の美容効果アップに、ぜひ、利用してみてください。

画像

Menu Menu

Recommend

Other