青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁をおいしく飲む方法

青汁は利用されている成分によって、とても飲めないと思うものもあります。
栄養価が非常に高く、青汁の王道とされるケールがその「まずい!!」代表格かもしれません。
もちろん、ケールでも問題なく飲めるという方もいますが、どんなにがんばっても飲めないという方も少なくありません。

栄養価がいくら高くても、毎日飲むのが苦痛というのではいけません。
逆に飲むことがストレスになってしまうということもあります。
飲みにくい青汁というと、ケール、明日葉、桑の葉などがありますが、飲みやすいといわれている大麦若葉でも、青臭さが気になってやっぱり青汁は飲めないという方もいます。

青汁の味が気になる、飲めないという方もちょっとの工夫でおいしく飲めるかもしれません。
青汁の味がだめという方が行っているおいしく飲む方法、結構あるんですよ。
たとえば、牛乳やヨーグルトなどの、青臭さなどを消してくれる乳製品に混ぜて飲む、というのもひとつの方法です。

牛乳はレバーの臭みけしなどにもよく利用されていますよね。
臭みも消してくれますしし自然の甘さがあるのですんなり飲めるという方もいます。
ヨーグルトも同じ作用で、臭みを消してくれる、苦味がなくなるということで、混ぜて飲む方が多いようです。

お子さんもこの方法だと飲んでくれるという方が多いですよ。
お子さんがどうしても青汁が飲めないという場合には、アイスに混ぜるという方もいます。
おやつの時間のアイスに青汁をまぜると見た目には抹茶アイスです。
何の説明もせずに食べさせても案外わからないもののようです。
豆乳が飲めるという方には豆乳に混ぜても甘くて飲みやすいですよ。

また最近では青汁をもっと飲んでほしいということから、蜂蜜入り、レモン入り、抹茶入りなど飲みにくさを緩和するためにほかの食材などを入れた青汁も多数登場しています。
特に抹茶ベースの青汁はとても飲みやすく、人気があります。
ただ、こうした緩和する食品が入っていても、のめるかどうか?はその人それぞれです。
おためしを利用してのめるかどうか確認してみましょう。

画像

Menu Menu

Recommend

Other