青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

ケールが花粉症を緩和和らげる

杉、ヒノキ、ブタクサ・・・くしゅんくしゅんとくしゃみの連続、朝は目やにで目が開かないし、鼻水が滝のように流れる・・・花粉症の症状は仕事にならないというほどひどい人がいます。
鼻水の症状だけでも集中力がなくなるのに、それに加えて目のかゆさ、くしゃみ、ひどくなると微熱まで出てくる有様。
花粉症はなってみた人じゃないとわからない!本当に苦しいものです。

花粉症の薬を飲むと極度に眠くなるし・・・でも薬を飲まないとまったく仕事なんてできる状態じゃない!と、多くの皆さんが花粉症のために病院へ行き、医師に花粉症の薬を処方してもらっていますよね。
ヒノキや杉など木や植物の花粉が元になって起こる花粉症。
今年は花粉が多いらしいなんて聞くだけでも、花がぐずぐずする感じです。

春先、スギ花粉が飛び始めると洗濯物だって外に気持ちよく干すことができませんよね。
花粉症以外にもダストや化学物質、猫の毛、食品・・・アレルギー症状を持つ人は年々多くなっているといいます。
このつらい花粉症に青汁がいい、という意見もあります。

特に青汁の中でもケールの青汁に含まれる成分「フラノボール配糖体」という成分が花粉症の症状に有効であることが、青汁などを販売しているファンケルが確認しています。
ケールには、花粉症緩和成分である糖脂質も含まれていることが判明していますので、ダブルの効果が期待できるというわけです。
最近はケールの青汁よりも、飲みやすいほかの青汁を選択するという方も多いですね。

確かにケールの青実は癖がありますし飲みにくいものが多いのですが、成分的にいうと大麦若葉と比較するとやはりケールのほうが勝るといわれています。
特に花粉症に対する症状緩和成分については、確実に立証されているということではありません。
ですが、症状の一連のメカニズムをケールの有効成分となるフラノボール配糖体や糖脂質が緩和してくれるということが言われているのです。

花粉症の季節の前から、ケールの青汁を毎日継続的に摂取することで、症状が軽くなったという方もいらっしゃいます。
花粉症がひどい、薬を飲むのがいやという方は、おためしになってみては?

画像

Menu Menu

Recommend

Other