青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

どんな青汁が飲みやすい?

青汁はまずいということが広告となって一気に広まった商品といっていいでしょう。
「うーん、まずい!!もう1杯」というコマーシャル、記憶に深く刻まれていますよね。
まずいけれど体にいい。

良薬口に苦しとはまさしくこのことで、体にいいものはまずいものだという認識とともに、健康志向の方々に爆発的ヒット商品となりました。
でも、「まずいものはまずい!!」のですよね。
大人はまずくても体にいいのだということになれば飲もうという気持ちになりますが、良質な栄養をたくさん摂取してほしいお子さんはまずければ飲みません。

幅広い年齢層の方に利用してほしいと思うメーカー側は、青汁を飲みやすくおいしいと感じるものに使用と試行錯誤を繰り返し、おいしいと呼ばれる青汁がどんどん登場しています。
青汁の中でもケールは栄養素がかなり豊富な青汁として知られていますが、味という点で見ると青汁のなかでもかなりまずい・・・という方です。
そのため、ケールが原料となる青汁のメーカーさんは、はちみつなどを混ぜ飲みやすい商品にしています。

また、はちみつ以外だと、抹茶によってケール独特の苦味やにおいを消すということも行っています。
確かにケールに抹茶やはちみつが含まれたものは飲みやすく、牛乳などに混ぜて飲むとほとんど癖を感じなくなります。
ただ、やはりケールは飲みにくい・・・という場合、栄養価が多少劣りますが、大麦若葉の青汁を選ぶといいでしょう。

どうしてもケールの青汁で飲みやすいものがいいということなら、レモン青汁なども人気です。
レモン水の味でお子さんも飲めるケールの青汁だといわれています。
ビタミンCや酵素などは熱に弱い成分ですが、スプレードライ製法という特殊な製法で、その成分を崩すことなくおいしい青汁にしています。
お子さんは抹茶風味も苦くて無理ということがあるので、レモン風味はお勧めです。
ドリンクとして飲むためのものではなく、ゼリーとしてフルーツ味をつけたものも人気です。

美感青汁などは、マンゴー味のゼリータイプの青汁で食べやすく人気があります。
主原料は熊笹に明日葉、大麦若tなど特に明日葉は癖があるとして有名ですが、まったく青汁の癖を感じない仕上がりです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other