青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁が苦手な人は粒タイプで!

青汁は体にいい成分や今食事で足りない栄養素を豊富に含んでいるということは理解している。
でも、あのまずさを考えると毎日飲むってかなり苦痛という方、多いんじゃないでしょうか。
飲みやすさを追求したはちみつ入りのものや抹茶入りの青汁もありますが、それでもあの青汁!という質感や色、飲み口、香りがどうにも無理・・・という方は少なくないはずです。

はちみつ入りや抹茶ベースの青汁も確かに飲みやすいと感じますし、これまでの青汁と比較するとお子さんでも飲めるくらいの飲みやすさがある青汁もあります。
ただケールの青汁は栄養価が高く魅力的な青汁だけれど、どうしても何をしても飲めないという人も少なくないのです。
逆に、何がそんなにいやなの?という方も少数派として存在しますが。

青汁は一度飲んで効果が発揮されるというお薬ではなく、あくまでも毎日継続的に飲むことで健康効果が得られると期待される健康食品です。
どこかがつらいから無理にでも苦くてもお薬を飲んで治るということなら、まずくてもある程度つらい治療でも黙って耐えることができます。
でも、自分にとってたとえば糖尿が気になるとか、血圧が高めになってきたからとか、そういったことに対してよくなるとします。
そうすると、いいなと期待して利用する健康食品がまずいとなると、特にがんばって飲もうという気にもならないのです。

でも青汁で体質改善ができたという人や、貧血がだいぶよくなったみたい、便秘がかなり改善したなんてことを聞くと、これは利用したいという気持ちがあることも確か。
そんな方にお勧めしたいのが粒タイプの青汁です。
青汁が持つ栄養価はそのままに、粒なのでどこでもぱくっと飲めますし、青汁特有のまずさを感じずに気軽に継続ができるという優れものです。
最近はやずやの粒青汁、ステラの贅沢青汁など粒タイプのものがどんどん登場していますので、青汁が苦手という方もお子さんにもお勧めです。
携帯できるのでオフィスでも旅行先でも継続利用できるというのが、人気の秘訣でもあります。

画像

Menu Menu

Recommend

Other