青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

不眠症の改善に青汁を

毎日疲労しているのに、なぜか眠れない。
神経が高ぶっているのか?アロマなんかしてみてもどうにも眠りにつけない。
眠ったはずなのに翌日すっきりおきることができないし、眠ったという気にならない、こういう現代人、多くなっていますよね。

不眠症はさまざまな原因があると思いますが、ストレスなどの精神疲労が引き金になっている方が多いのです。
眠れない、寝ているのに眠りが浅いという状態はとてもつらいものです。
眠りたいと体が欲求しているのに眠ることができないと、だんだんと日中の生活にも支障をきたすようになります。

睡眠薬などを飲めば眠れるでしょうけれど、お薬は癖や副作用などもあるから、利用したくない・・・
こういう方にぜひお勧めしたいのが、青汁です。
青汁にはミネラル、ビタミン、食物繊維、カルシウムなどの質のいい栄養素が含まれていますが、中でも、ケールの青汁に多く含まれるメラトニンという成分が不眠症にいいとされています。
メラトニンはケールに豊富に含まれている成分ですが、脳の松果体という部分から分泌されるホルモンです。
メラトニンは陽があたっているときには分泌量が減り、太陽の陽がなくなる夜になると、分泌量が多くなるという成分です。

日中は分泌量が少なくなるので、社会活動を活発に行うことができ、夜になると分泌量が増えてくるので、眠りに誘導するということになります。
このメラトニンは眠りに誘う、ということ以外にも、ストレスを軽減し神経の高ぶりを抑制するという働きも持っているのです。
メラトニンは免疫力とも深い結びつきがあり、がん細胞を攻撃する細胞、NK細胞を増加させたり、ウイルスを撃滅する食細胞の力を強めたりという働きも持っています。
睡眠不足、ストレスを多く感じる方は、青汁の中でもメラトニンが多いケールの青汁がお勧めです。
女性の更年期障害のいらいらやうつ症状にも効果が期待できるといいますのでA精神的に疲労している、眠れない、いらいらする・・・などの症状がある方にもお勧めです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other