青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁にはどんな成分が入ってるの?

青汁と一言で言ってもたくさんの商品がありますね。
ケールや大麦若葉、また明日葉やゴーヤなど主成分となっているものにも各商品によって違いがあります。
一般的に知名度の高い青汁というと、ケール、大麦若葉、明日葉などがありますが、どの青汁にも共通して含まれる成分がありますので、まずはそれを理解しておきましょう。

どの青汁にも含まれる健康に、美容にいい成分というとビタミン、ミネラル、食物繊維などです。
ビタミンは各種あり、ビタミンC、ビタミンBなどがありますが、ビタミンCは美肌、美白などに高い効果を表すもので、こう酸化作用がありますので、アンチエイジング世代にうれしい成分です。
また、免疫力向上効果もありますので風邪予防などでも知られている成分です。

ビタミンBは、B1、B2、B12、B6などが有名です。
B1は炭水化物の代謝を促進させる成分で疲労回復が期待できます。
B2は、美容に強い成分で脂肪燃焼効果、皮膚再生機能促進などの効果が期待できます。
B12は睡眠を促す、また神経機能正常化などのDNA合成サポートが高いことで知られています。
B6は、皮膚の健康を支える成分であり、またホルモンバランスを正常にする働きもあります。

ミネラルも体に必要不可欠なものであり、現代人が摂取の足りない成分でもあります。
ミネラルのうち、10種類以上は必須ミネラルといわれる人にとって必要不可欠な成分です。
この必須ミネラルには、カリウム、カルシウムが含まれています。

カルシウムは骨粗しょう症予防、また貧血などにも関連する成分ですし、お子様の成長には欠かせない成分です。
カリウムは生活習慣病にも深い関連性があり、血圧の正常化に欠かせない成分です。
腸の筋力にも深い関係があり、蠕動運動を正常にし便秘を予防する、また改善するために必要な成分です。
ただ野菜などに火を入れてしまうとその成分が壊れてしまうという繊細な成分なため、生野菜から摂取したい成分でもあります。

食物繊維は老廃物を体内から排出する効ハもが炊く、便秘に深く関係します。
食物繊維が豊富な青汁を飲むと、お通じがよくなるということが言われます。
食物繊維、カリウムなど、腸によい効果をもたらす成分が豊富な青汁は、便秘に悩む方の大きなサポートとなります。

画像

Menu Menu

Recommend

Other