青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

血糖値の上昇を抑える桑の葉の成分

ケールや大麦若葉の青汁が青汁商品の多くの原材料を占める中、明日葉や桑の葉の青汁も最近注目されています。
桑の葉は、日本各地に自生している落葉樹。
古くから日本人は、この桑の葉を薬草として、また食用、カイコのえさなど利用してきました。

実は官報でも解熱作用があるとして古くから利用されているのが桑の葉です。
最近注目を集めるようになった桑の葉の青汁。
注目されているのはデオキシノジリマイシンという成分です。

ブドウ糖の類緑化合物の一種で、食事の跡に上昇する血糖値の抑制、また過剰な糖分を摂取した場合に、対外に排出するという役割を持っています。
このデオキシノジリマイシンという成分が、現代人の生活習慣病予備軍となる方々の症状、高血圧や糖尿病予防、またダイエットにも高い効果が期待されているのです。
このほかに桑の葉には、ビタミン類が豊富に含まれています。

ビタミン類を比較すると、野菜の王様といわれるケールよりも優れているといわれているくらいです。
特に注目される恩が若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEです。
ビタミンEは、抗酸化作用が高い栄養素で、心臓の働きを正常にし、血行改善、また動脈硬化予防にも効果が高いといわれています。

女性には生殖器官についても効果があるとされ、最近では不妊治療にも用いられることがあります。
桑の葉の青汁を継続的に飲んでいる方に話を聞くと、更年期障害のつらい症状や、冷え性などが改善されたという話もよく聞きます。
細胞に与えるダメージを制御するという働きもあり、アンチエイジング世代などには美容効果も高いようです。

このほかにも疲労回復のビタミンB1が豊富です。
炭水化物や余分な糖質などを燃やす作用がありますので、ダイエットにも効果的に働く成分です。
こうしてみると桑の葉は、ケール、大麦若葉にもひけをとらない栄養素の宝庫、ですね。
注目成分が豊富にある桑の葉の青汁もケールと同じように飲みにくいといわれていますがA最近は抹茶味などの桑の葉青汁も登場し、愛用されている方が多くなっています。

画像

Menu Menu

Recommend

Other