青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁でメタボ予防

すでにメタボリックシンドロームという言葉、日本国内で定着し、サラリーマンのお父さんや40代、50代に突入したママたちは、健康診断でウエストを測られることに戦々恐々指定増すよね。
最近は運動不足で太ってしまったことを、メタボるなどと表記されるなど、すっかり一般化しています。
お前、メタボじゃない?なんてからかい気味に利用している言葉ですが、実は笑い事じゃないんです。
メタボはそのまま継続してしまうと、心筋梗塞などの重篤な疾患を起こしてしまうことにつながってしまう場合もあります。

笑い事で済んでいる場合はいいのですが、冗談では済まされない事態に進展することもあるのが、メタボなんだということを、しっかり認識してほしいと思います。
メタボになるのはなぜか?というと脂質や糖質が多いバランスの悪い食生活や、睡眠不足、ストレスによる過食など、生活習慣の乱れ、精神的バランスの乱れからくるものです。
おなかがぼこんと出てきて、内臓脂肪が多くなってきたら、まずは食生活、また生活習慣の乱れをただし、規則正しい生活に近づけていくことが必要です。
でも・・・規則正しく生活するなんて、社会人は不可能でしょう。

仕事のお付き合い、友人とのお付き合い、そのまま自宅に帰って休みたくても、どうにもならないのが現実です。
夜遅くに食事をしてしまうことだってありますし、飲み会が連続するということだってあるでしょう。
そこで、登場するのが青汁です。

食生活をただし、バランスのいい食事を行うために何が必要か?というと、やはりビタミンやミネラル、カルシウムなどの栄養素を考えた食事でしょう。
でもそれができないのが現代人。
そこで、ミネラルもカルシウムもビタミンも、食物繊維も豊富な青汁がお勧めなんです。

青汁に含まれる緑黄色野菜には抗酸化作用があります。
活性酸素の働きを抑制するという仕事ができる抗酸化作用は、メタボ対策に強い味方となります。
青汁に含まれるビタミンCやビタミンB1は、新陳代謝をアップさせるという働きがあります。
代謝がアップすれば老廃物の排出、また脂肪燃焼作用も働き、ダイエットにも貢献できるということです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other