青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

大麦若葉に含まれる主な栄養素

大麦にはたくさんの栄養が含まれているということはみなさんご承知でしょう。
でもその大麦よりもさらに豊富な栄養素を持っていることで有名なのが、大麦若葉です。
これから大きく育っていくために、成長力に欠かせない成分が豊富で、カリウム、カルシウム、ビタミン類など豊富な栄養素がたっぷり含まれています。

大麦若葉に含まれるカルシウムはとても豊富で、1日分の摂取量でめざし6尾分もあるといわれています。
またカリウムもこんにゃくの1.2枚分が1日の摂取量に含まれています。
毎日めざし6尾分のカルシウムとこんにゃく1.2枚分のカリウムを摂取しようとなるとかなり大変です。

でも大麦若葉なら手軽に質の高いカルシウムやカリウムを摂取できます。
また、大麦若葉の青汁は女性に高い人気を誇っています。
その理由は?というとほかの青汁よりもはるかに飲みやすいという点もありますが、食物繊維がとても豊富なのでお通じにいいということが言われているからです。

食物繊維をしっかり摂取し、青汁に含まれるビタミンやミネラルが血液の成分をよくすることで、新陳代謝も高まり、腸の蠕動運動もしっかり行われるようになります。
大麦若葉などの青汁を飲むとお通じがよくなるのは、こうした各成分の相乗効果があるからなんですね。
大麦若葉に含まれる豊富な成分によって、生活習慣病の予防にもつながると期待されています。

お酒の量が多いことが心配というだんなさんにも、野菜が嫌いで食べないというお子さんにも、大麦若葉の青汁は癖がなく、ごくごく飲めると評判です。
栄養価的には、ケールや明日葉に追いつかないのですが、そのほかの野菜などとは比較にならないほど豊富な栄養素です。
青臭さが気になるという方には、はちみつ入りや抹茶入り、レモン入りなどの青汁もありますので、自分にあった味を探してみてください。
大麦若葉のすっきりした青汁を毎日飲んで、ご家族全員で健康維持に役立ててほしいですね。
美容のためにも最適な青汁ですよ。

画像

Menu Menu

Recommend

Other