青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁の効果で血液サラサラに

血液がドロドロになっているということは、血液の流れも停滞し、心臓に負担がかかるということになりますし、血栓を作ってしまう可能性もあります。
血液がドロドロになっている方は日本の中に、なんと50%もいるということが言われています。
この状態が継続すると、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞など重篤な疾患のきっかけになることがありますし、高血圧、糖尿病などの生活習慣病をとなる要因になります。

普段の食生活などが密接にかかわるドロドロ血液。
脂質が多い糖質が多い食事ばかりを継続していると次第に血液内に脂質や老廃物などが残るようになり、結果的に血液がドロドロになってしまいます。
血液がドロドロした状態だと、血栓、つまり血の塊が血管内でできやすくなり、その血栓が血管をふさいでしまうということがおきやすくなります。

この血栓の生成を抑制してくれるピラジンという成分が、青汁に含まれているのです。
このピラジンという成分は野菜独特の成分で、野菜を食べるときに感じる青臭さの元が、このピラジンです。
青野菜などを食べると、青臭いな・・・と感じるときがありますよね。

この青臭さがあるということは、ピラジンが含まれているということ、つまり、血液の状態を改善してくれる成分が配合されているということになります。
青汁に含まれるピラジンを食事から摂取するとなると、かなり大変です。
青臭い野菜というと、ピーマン、きゅうりなどが代表格ですが、これらを毎日たくさんの量をとるとなれば、かなり苦痛だと思います。

そのため、ピラジンが豊富に含まれている青汁が手軽で有効的なんです。
青汁には豊富なピラジンが含まれていますので、青汁を毎日1杯、ごくごくっと飲めば、血栓予防にもつながるということになります。
飲みにくいといわれてきた青汁も、はちみつ入り、抹茶風味、レモン風味と口当たりのいい商品も多くなっていますので、毎日しっかり摂取してほしいと思います。
血液の健康のために、ぜひ、毎日1杯の青汁を!

画像

Menu Menu

Recommend

Other