青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

食物繊維がたっぷりとれる青汁

便秘の方は野菜をたくさん食べなさいといわれますね。
葉物野菜や根菜類などには食物繊維が豊富に含まれているため、便通がよくなるといわれています。
キャベツ、サツマイモ、またごぼうなどには豊富な食物繊維が含まれていますので、食物繊維が豊富な野菜類の代表といわれています。

今青汁はたくさんの商品が各メーカーから販売されています。
青汁にはビタミンやミネラル、カルシウムなどが豊富に含まれていますが、中でも食物繊維はどの青汁にも豊富です。
ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉、さまざまな原材料がありますが、これらの植物の食物繊維含有量はかなりのものです。
食物繊維には水溶性と不溶性があります。

通常、青汁として販売する場合、原材料を絞るという工程がありますが、絞るという作業によって通常、食物繊維は取り除かれるということになります。
また加工の段階で食物繊維がさらに減るのでは?ということも考えられますよね。
そこで、食物繊維の水溶性と不溶性が関係してきます。
青汁が絞られて商品化させるときに残ってしまう搾りかすは不溶性食物繊維。
青汁として商品に残るのが水溶性食物繊維です。
水溶性の食物繊維は青汁に残りますので、食物繊維の摂取ができるということになりますね。

でもこうして考えてみると、野菜をそのまま摂取するよりも、青汁の場合、食物繊維摂取量が減ってしまうのでは?と思えてきますが、商品を青汁にする際の製法によってこの量に違いが出てきます。
たとえば冷凍タイプは飲みにくさが否めない商品ですが、粉末にするなどの工程がありませんので、粉末タイプよりも食物繊維があると考えられます。
またフリーズドライのものは水に溶かすなどして飲みますが、この場合、高熱処理を行わないため、栄養価も高く食物繊維が多く残ります。
ただ飲み口は悪いといわれています。

こうした製法の差によっても違いがありますし、商品によってはファイバーをプラスするなどして、食物繊維量を増量しているものもあります。
ですので、食物繊維をたっぷり摂取したいという場合には、成分をよく見て食物繊維含有量の多い商品を選択するといいでしょう。

画像

Menu Menu

Recommend

Other