青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

野菜不足を解消し生活習慣病を予防しよう

お子さんに野菜をしっかり食べなさいよって起こっている割に、自分は食べていないってことありませんか?
私の母は元から野菜嫌いだったので、私には野菜を食べないときれいにならないだことの、健康にならないだことの・・・
いろいろいって食べさせようとしていましたが、自分はどうなの?という気持ちを子供ながらに持っていたものです。

学校給食があるお子さんは、少なくとも昼、しっかり野菜を採っていると思います。
でも、それでも成長期のお子さんに十分という量ではありませんから、朝食、夕食で野菜をしっかり摂取する必要があります。
でも朝食や夕食で野菜が豊富な食事を作るということができない、忙しいお母さんもいますよね。

必要量の野菜を、大人も子供も採るためには、朝昼晩の食事にバランスよく野菜を取り込む必要があります。
特に独身となると朝ぎりぎりまで寝ていて、飛び起きて会社へ、ということもよくあると思います。
朝食はコンビニのおにぎり、ということだってありますよね。

ランチも外食で済ませることがほとんどだと思いますし、ランチで野菜をたくさんなんていっていると、お金がいくらあっても足りません。
夕食を家でとるといっても、ご家族だって野菜を豊富に採るということは少なくなっていますよね。
和食なら煮物などで野菜や海藻類などを採ると思いますが、洋食が多くなっている日本では、カレー、シチュー、ハンバーグなど、野菜が少ない献立になることも少なくないと思います。

じゃ、どうしたら野菜の成分をたくさん摂取することができるのか?というと、やはり手軽な青汁がお勧めです。
青汁もスティックタイプ、粒タイプなど手軽に取れるものが多いですし、オフィスでも自宅でも気軽に野菜の栄養素を補給出来ます。
お子さんも牛乳で割って飲ませるなどすれば、成長に欠かせないカルシウムと青汁に含まれる栄養素をたっぷりとることができますね。
生活の中に青汁を活かして、野菜の成分をたくさん摂取できる健康生活、始めてみませんか?

画像

Menu Menu

Recommend

Other