青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁を飲み始める時の注意点を姉妹で検証

姉妹揃って長い期間便秘に悩まされていたのですが、二人とも薬を飲む事に抵抗があり、色々と調べた結果青汁に辿り着きました。
便秘に効果的な食物繊維の他にもビタミンやミネラル等が豊富なので、お通じが良くなると共に美容にも良さそうだと考えたからです。
私は、普段から大量に野菜を摂るように心がけており、毎日うんざりするほどの生野菜を食べていましたが、それでも便通が悪く青汁を飲む事にしたわけなのです。
同居している妹は私の作るサラダなど、生野菜が苦手で殆ど口にせず、野菜は煮込んだものや野菜ジュースを少し飲む程度で、私よりも酷い便秘体質です。
妹も普段からの野菜不足と便通の悪さに悩んでいたので一緒に青汁生活を始めることにしたのですが、飲んだその日の内に私だけが下痢をしてしまいました。
妹はお腹を下しませんでしたが翌朝も便が出ないままでした。

私は、冷たい牛乳で割って飲んだ事ェ原因で下痢をしたのかと思い、次の日は少々温めた牛乳で割っての飲んでみましたが、やはり下痢をしてしまいました。
妹は、二日間続けて冷たい牛乳で割っていましたが下痢をするわけでもなく、便通があるわけでもない、といった状態でした。
私は、青汁が体質に合わないのかと疑い始め、妹は自分には効果がないのではと疑いを持ち始めました。
しかし、二人で購入したのは結構高価な青汁です。
わずか二日飲んだだけで飲むのを止めては勿体ないと言う事になり二人であれこれと考えてみました。

考えたのは、二人の体質や食生活についてです。
私の場合、普段から野菜を多く摂っていて妹より食べる量が少なく、便通も強固な妹の便秘に比べるとまだマシです。
普段から野菜を摂っているのですから、私の場合青汁の効果があり過ぎたのではないかと考えて、一度に飲む量を半分に減らす事にしたのです。
逆に、妹は二週間も便通がない酷い便秘でしたので、一日に飲む量を倍にしてみる事に。

半量にして飲んでみると私の下痢は直ぐに治まりました。
倍量にした妹の便通は以前と比べると間隔が短くなりました。
青汁は言わば野菜を凝縮して粉末にしたものなので、野菜を摂っているのと同じ事になります。
野菜でも果物でもそうですが、冷たく冷やしたものを大量に摂取しては下痢をすることがありますので飲み方にも注意が必要なのだと知りました。
飲み方の他にも、体質や普段の食生活によって効果の出方が変わってきますので、その点に注意して量を加減する事が大切なようです。

それからも二人で続けて飲んでいますが、私は山盛りの野菜から解放されたおかげで、分包して飲まなくても下痢をしなくなりました。
妹は逆に野菜の重大さに気づき、生野菜を食べる努力を始めたので、二包から一日一包に量を減らして飲んでいます。
それともうひとつ、注意しなければならないのは下痢だけではありませんでした。

お腹の調子が良くなり体重が姉妹揃って減ったのです。
嬉しくなってしまった私はもっと量を多くしたら更に体重が減るのではないかと期待して、一日に飲む量を適量の倍にして二包飲んでしまったのです。
しかし今度は、飲んだ途端に下痢ではなく便秘が始まってしまったのです。
お腹が下るかもしれないとは思っていましたが、過剰摂取をすると下痢以外にも便秘になるとは全く考えておりませんでした。
要するに注意すべき点は、自分に合った分量を知り、それを守って飲み続けると言う事ですね。

画像

Menu Menu

Recommend

Other