青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

不足している植物繊維を補える青汁の選び方

健康に良いといわれている青汁の選び方にも、ポイントがあります。
販売されている青汁の種類もとても多いです。
そのため、どのようなものを選んだら良いか迷うことも多いです。
いつも青汁を買う場合には、ポイントをしっかりとおさえて選ぶことを重視しています。
まず、青汁を選ぶ場合には、使われている原料を良く確かめて買います。

よく使われている原料は、Pールと大葉若葉と明日葉です。
使われている原料によって、味の違いがわかります。
ケールを主に使っている場合には、苦味がとても強いです。
そのため、そのままではとても飲みにくい味になっています。
飲みやすくするために、はちみつやレモンなどが混ざっています。
混ざっていない場合には、自分で混ぜて調節して飲んでいます。

ケールは、栄養価がとても高くて野菜の王様と呼ばれています。
血液を浄化する作用があって、血栓の予防や血中コレステロールを減らす効果も期待できます。
また、ビタミンやミネラルや植物繊維を豊富に含んでいます。
大麦若葉を主な原料に使っている場合には、匂いやくせが少なく抹茶のような感覚で飲むことができて、飲みやすいのが特徴です。
血中の活性酸素を除去して、糖尿病などの予防などにも効果的です。

また、ビタミンやミネラルのほかに植物繊維が豊富に入っています。
そのため、便秘の場合などにもおすすめです。
明日葉が主な原料の場合も、クセがなく飲みやすいです。
栄養価は、野菜の王様のケールを上回ります。
カルコンという強い抗菌作用や発ガン物質の抑制作用のあるものが含まれている他に、クマリンといったアルツハイマーに効果があるといわれている二つの薬効成分が含まれています。

植物繊維が豊富に含まれている青汁を飲むことで、便秘の解消にも役立っています。
ホルモンの影響などによって、便秘になってしまうことがあります。
また、仕事などで忙しくて不規則な食生活が続いてしまったり、ストレスが多いことが便秘になることがあります。
保水性に優れている植物繊維を豊富にとることによって、硬くなった便をやわらかくしてくれます。
また、有害な老廃物を排出する効果も植物繊維にはあります。
そのため、食事には、植物繊維を豊富に含むものを食べるように心がけています。

しかし、食事だけではどうしても十分な植物繊維を摂ることが難しいです。
そのような場合には、飲むだけで簡単に植物繊維を摂ることのできる青汁がおすすめです。
ケールや大麦若葉など植物繊維を豊富に含むものを原料にしているものを選ぶことによって、腸内環境を整えることができて便秘の予防や解消に役立ちます。
注意しなくてはいけないことは、一日の摂取量です。
便秘に悩んでいる場合などでも、多く摂ればよいというわけではありません。
摂りすぎると副作用がでてしまう場合もあります。
また、必要以上に飲んでも、吸収しきれない分は排出されてしまうものもあります。
そのため、一日の摂取量をきちんと守って飲むことが大切です。
どのくらいを目安に飲むかは、商品のパッケージや説明書に書いてあるので参考にすると良いです。
はじめて飲む場合には、摂取量をきちんと確認してから飲むことが大切です。
また、持病などで薬などを飲んでいる場合には、医師などに相談してから飲むことがおすすめです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other