青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁の効果効能を最大限に生かす飲み方

青汁というのは野菜の成分を凝縮した栄養満点の飲み物で通常は粉の状態で販売されており、個包装になっているので一回一回飲みやすいものです。
以前はかなりまずかったのですが、最近では味も良くなって相当飲みやすくなりました。
今では色々な他の健康に有用な成分も添加されるようになってよりおいしく栄養満点に飲めるようになりました。

青汁の効果効能というのはあまり実感がないものですが、私が感じたものでは身体が軽くなった気がするようなものや食欲の増進があったこともあります。
他にも目の見えが少しよくなったり、ストレスが貯まりにくくなったりして、すぐには実感がないものの長く継続して飲んでいると効果を感じられるようになります。

私の場合は2週間ほどでその効果が感じられましたが、人によっては全く感じない方もいるそうですが、外見などでは顔の血色がよくなったり身体が軽そうに見えたりするので実感がなくても何かしら効果があることは事実です。
私の場合はストレスのたまりやすい事務仕事が多いのと指先を酷使する仕事が多いので青汁のような飲み物で簡単に栄養を摂取でできるようなものは仕事にもプライベートにもとても助かります。

効果効能とは別に青汁に含まれている栄養を最大限生かしてさらに健康成分を根こそぎ摂取するにはカルシウムやナトリウム等のミネラル分の摂取が必要になります。
またダイエットでは控えてしまいがちなカロリーも栄養の吸収にカロリーを消費するのでしっかりと炭水化物やタンパク質を摂取しながら青汁のビタミンをとっていくのが最も理想的な飲み方になります。

私の場合、カルシウムとビタミン類を一緒に取ることでカルシウムの吸収を良くしながらも牛乳のタンパク質やアミノ酸も一緒に腸で吸収されるように工夫して飲んでいます。
ビタミンやタンパク質は熱で変性してその効果が失われてしまうのでできるだけ常温で飲むことが栄養吸収の手助けになります。
あまり冷えていると逆に体内で身体を冷やしてしまうのとビタミン類の活性温度に達していないとせっかくのビタミンも吸収しにくくなってしまい意味があまりありません。

できるだけ体温に近い温度か常温で飲むようにすることでより健康的に青汁を飲むことができその効果効能を発揮させられます。
通常の食事に青汁と牛乳を混ぜて飲むかそれぞれで飲み、水分もしっかりと摂取する事でより栄養を吸収しやすくします。
ミネラル分はなかなか摂取しにくいので海藻などから摂取するのが良いでしょう。

わかめの味噌汁やあさりやしじみのみそ汁などは特に多くの栄養を含んでいるので毎日飲んで毎日元気と健康を保つことができます。
これらの食材を全て食べるのは難しいですが日にちを変えて別々に摂取するようにしても十分なのでしっかりと食生活も見直しながら飲むようにしなければいけません。
私は始めこれさえ飲んでいれば健康になれると少し思っており食生活を改善しないで飲んでいましたが、そうすると下痢になったりして少し嫌な思いをしました。

そのためしっかりと食事をとって飲むようにすることでかなり栄養を摂取できるようになります。
これからも飲み方を工夫しながら摂取する事でより健康増進に役立てて毎日元気に過ごしていきたいです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other