青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁のおいしい飲み方は色々あります

青汁は一日に必要な野菜成分を飲むだけで簡単に補うことができる健康補助食品ですが、以前は青汁と言えば不味いということで有名な飲み物でした。
テレビのクイズ番組などでは罰ゲームで使用されることもあったほどです。
また極めつけとしてはテレビのコマーシャルである有名な悪役俳優が発する言葉、不味いもう一杯というフレーズが有名なほど、多くの人から不味いと認識されている飲み物だったのです。

コマーシャルで不味いというフレーズが使用されていたと言うことは、製造元も不味いのは認識しており、不味いけど健康には良いから是非飲んで下さいというスタンスで販売していたのでしょう。
青汁は九州で販売が始められたものですが、今では数多くのメーカーから色々な種類の青汁が販売されています。
そして多くの人が健康のために飲んでいるのです。

一日に必要な野菜成分を野菜を食べることだけで摂取することはなかなか難しいことです。
色んな種類の野菜を購入する必要がありますし、いっぺんに沢山買いすぎても購入した野菜が傷んでしまうなどの問題があります。
また野菜ばっかり食べても、それだけでお腹いっぱいになってしまい他のものが食べられなくなってしまうからです。

やはり食事は3食バランスよくとる必要があります。
また野菜は熱を通すより生で食べたほうが効果的に成分を摂取することができるのですが、生野菜ばかり食べるのは辛いものがあります。
このような理由から現代の人の多くは野菜をあまり食べない人が増えているのです。
頭では食べたほうが良いとは理解していても現実問題として野菜不足に陥っている人が多く存ンしているのです。

前述したように野菜不足を補うための飲み物として、今では青汁を多くの人が購入し飲んでいます。
不味いということで有名だった青汁も、最近は味にも工夫が施され抹茶味やマンゴー味など飲みやすいものが多く存在しています。
私もあるメーカーの青汁を愛飲している一人ですが、独特の苦味や青臭さが一切なくて抹茶味で飲みやすく毎日欠かさず飲み続けています。
普段は水で割って普通に飲んでいますが、たまに牛乳で割って飲んだりもしています。

牛乳で割って飲む飲み方は私の中でおいしい飲み方のひとつとなっています。
他には柑橘系のジュースで割って飲むなど、飲み方も人それぞれにおいしい飲み方があるでしょうが、元々抹茶味やマンゴー味など味が付いているものはミネラルウォーターで割って飲むのが一番おいしい飲み方なのではないでしょうか。
他には飲むだけではなく料理の一部としても使用している人もいます。

スープやポタージュに使用したりデザートに使用している人もいます。
色々と工夫して飲んだり食べたりすることで、より一段と美味しく野菜成分を摂取することができるようになるのです。
最近はテレビのコマーシャルや通販番組などでも様々なメーカーのものを良く見かけるようになりましたが、多くの有名人も愛飲して健康維持に努めていることが分かります。
以前は健康には良いが不味い飲み物として考えられあまり飲んでいる人も多くなかった飲み物ですが、今では美味しく飲めて健康のためには欠かすことができない飲み物として認識されるようになっているのです。
私も健康の維持のために今後もずっと飲み続けていくつもりです。
そしていつまでも若々しく元気であり続けたいものです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other