青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁は痛風に良くも悪くも効果が有る

痛風とは、ある日主に足の親指の付け根などの関節が突然腫れ、激痛を伴う病気です。
その痛みは強烈で、まさに風が当たっても痛くなるほどの強烈な痛みです。
痛風は尿酸値の数値が高い高尿酸血症の人が何らかのきっかけで発症するといわれており、尿酸値が高くても発症するしないは個人差が有る。
尿酸値の上昇にはプリン体が影響を及ぼしていると言われ、特に多いとされているビールなどは、最近各メーカーからプリン体をカットされた商品も多数出ている。
ただ、近年では食事や飲酒などによるプリン体の摂取はさほど大きな影響ではなく、全体の20%ほどなので以前ほど神経質にプリン体制限をする必要は無いとも言われています。

ただ、当然ビールを1日大瓶で1本飲む人とそうでない人では2倍の発症リスクの差が有ると言われています。
私自身はまだ痛風発作は出た事がないのですが、血液検査で尿酸値を指摘された経験があり、食生活の改善や運動などをする様に指導されました。
尿酸値を下げるには、プリン体よりもまずは総エネルギー量を抑える事、そして野菜や海藻などのアルカリ性食品を積極的に摂取、合わせて水分をたっぷりと摂り尿量を増やし、尿酸を排出する事、そしてストレスを溜めず有酸素運動などで肥満解消する事が大切なのです。

もちろん、プリン体を意識する事も大切ですが、あまりにも過剰な食事制限や生活制限は逆にストレスとなり、尿酸値をあげてしまう事になるので神経質になりすぎるのは逆効果です。
とにかく基本は食生活の改善なのですが、そこで私が目をつけたのが「青汁」なのです。

しかし、痛風対策に青汁は注意しなければいけない場合もあるのです。
痛風対策の青汁には注意しなければいけない場合が有ります。
健康飲料と言えばというものなのに注意が必要とは少々解せない気もしますが、全てのものではないですが一部の青汁ノはプリン体が大量に含まれているものがあるのです。

プリン体に神経質になる必要は無いといっても、やはり気になるものです。
青汁粉末の大麦若葉は100g当たり88.5mg、ケールは40.2mg含まれているとされています。
ちなみにビールは5mg前後なので、それと比べると非常に多いです。
ただ、一度に大量に飲むものではないですし、1杯に使う粉末は3~5g程度なので1日に何杯も大量に飲む事をしなければ問題ない数字ですし、気になる場合は原材料名をよく見て購入すれば良いのです。

それでは、良い効果とはどの様なものがあるのでしょうか。
尿酸はアルカリ性に溶ける性質があるので、尿をアルカリ性にする野菜が手軽に取れるものは痛風に効果的と言えます。
特に、ビタミン、葉酸、カルシウム、カリウム、クエン酸などが尿酸を下げるのに効果的といわれています。
それらの多く含まれた素材を使用しているものが尿酸値を下げるのに良い青汁という事が出来るのです。

私自身、自分に合っていると思われるものと、食事制限、運動を続けた結果、血液検査の数値は尿酸値以外で基準値外だったものも基準値内に近付き、食物繊維豊富なものを選んだ効果か便通も良くなり肌の調子も良くなった印象が有ります。
ダイエットにも成功し若々しくなったと言われるようにもなりました。
どの健康食品でも同じ事ですが、まずは基本の食生活を正し、その上で適切な商品を追加すると非常に優れた効果が期待できるのです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other