青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

苦い青汁も工夫次第でグッと飲みやすくなります

仕事が忙しくつい不規則な生活になりがちで、食事も外食が多くなっています。
そのため、肌荒れや便秘などに悩まされていました。

生活スタイルをすぐに変えるのは難しいのですが、少しでも改善したかったので、手軽にできることから始めようと、毎日青汁を飲むことにしました。
どれがいいのかネットで口コミを調べてみて、多く含まれる栄養素や効能、値段などを比較検討して、ケールが原料のものを選び、まずはお試しのつもりで1箱購入しました。

青汁というと、子供の頃に見たテレビのコマーシャルの影響もあり、苦い、飲みにくいというイメージがありました。
その先入観が強かったこともあり、実際に飲んで見ると思っていたほど苦いという感じはありません。
それでもやはり苦みはありますし、口に含んだ時に鼻の奥から青っぽい匂いがムワっと広がる感じで、クセも強いです。

一瞬、続けられるだろうかと不安になりましたが、1箱飲んでみて効果が無かったら止めればいいし、飲み続けていくうちに少しは慣れてくるだろうと気持ちを切り替えました。
毎日、朝食がわりに1杯の青汁を飲むようにして3日ほど経った頃、快適な便通がありました。
食事や生活習慣で他に変えたことはありませんでしたので、青汁の効果です。

こうなると続けていこうというモチベーションが上がり、飲みにくさに慣れはしなかったものの、継続していこうという気持ちが強くなってきました。
1箱飲みきった頃には、頑固な便秘だったのが2日に1回はお通じがくるようになり、アゴ周りに出来ていたニキビも少しずつ減ってきました。
青汁は続けていこうと決め、ネットで定期購入を申し込むことにしました。

この方が、一杯あたりの価格が安くなってお得だからです。
その時に見つけたのが、青汁にハチミツやオリゴ糖をブレンドすると飲みやすくなる、という口コミを見つけました。
ハチミツは美肌に良いですし、オリゴ糖は食物繊維が豊富です。

これらをブレンドすれば苦い青汁が飲みやすくなる上に、お肌や身体に良い成分も摂ることができます。
丁度使いかけのハチミツがあったので、翌朝試してみることにしました。
私は水に溶かして飲む粉末タイプを使っているのですが、カップに粉末とハチミツを先に入れると、小さいダマがいくつか出来てしまい、水を注いでからかき混ぜても溶けきりませんでした。

先に粉末を溶かしてからハチミツを入れてみましたが、かなりよく混ぜないとカップの底にハチミツが沈殿してしまいます。
オリゴ糖も買ってきて試してみましたが、ハチミツ程では無いもののやはり沈殿します。
ネットで検索してみると、解決策としてカクテルを作る時のシェイカーを使うと良い、とありました。

100円ショップでも売っているとのことだったので、休日に近所の100円ショップに行ってみると、ドレッシングを作るための目盛り付のプラスチックのシェイカーを見つけ、ドリンク用のものより便利そうだったのでこれを買いました。
粉末とハチミツ、水を入れト20秒程上下によく振り、カップに注いでみるとダマも沈殿もなくきれいに混ざっています。

若干の青臭さは残っていますが、苦みはかなり緩和されとても飲みやすくなりました。
その後もさらに飲みやすい方法を探し、今ではハチミツと豆乳でシェイクのようにして飲むのが毎朝の定番になっています。

画像

Menu Menu

Recommend

Other