青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

好みの味で青汁を手作りする楽しみ

好みの青汁を飲みたい場合には手作りすると、好きな味の青汁を作ることができます。
青汁を手作りする場合には、ケールなどの新鮮な生葉を購入して作っています。
新鮮な生葉は、インターネットで購入することができます。
野菜は、新鮮なものに比べて日がたつと栄養価が落ちます。
それと同じで葉も、新鮮なものは栄養価が高いです。

時間がたってしまってしなびてくると、栄養も減ってきます。
そのため、購入したらすぐに作ることがおすすめです。
すぐに作ることができなくて、しなびてしまった場合には、茎の切り口などを水につけておくとまた葉が元気になるので、それから作ります。
無農薬の葉を購入した場合には、軽く水洗いするだけで十分です。
購入したところによっても、違うので説明などをよく読んでから使うことがおすすめです。
葉は、ジューサーで細かくします。

大きな葉の場合には、一枚の葉をちぎってからジューサーに入れることがおすすめです。
茎にも栄養分があるので、茎も一緒にジューサーに入れると良いです。
けずりかすが残ってしまっている場合には、けずりかすが少なくなるまで繰り返しシューサーにかけるとむだもなくなるので良いです。
手作りの場合には、作りたてで新鮮なうちに飲みます。

生の野菜が日が経つとビタミンが減ってしまうのと一緒で、作りたての場合に比べると時間がたってしまうと、ビタミンが減ってしまいます。
味もつくりたてのほうがおいしいです。
冷たいのが飲みたい場合には、氷を一緒にジューサーにかけると良いです。
作り立てでも、冷たくておいしく飲むことができます。

一度にたくさん生葉を購入しても、作りきれない場合もあります。
そのような場合には、葉のまま冷蔵庫で保存しています。
また、たくさん作ってしまって飲み切ることができない場合には、冷凍してしまいます。
冷凍しておくと長く新鮮な状態で保存することができます。

冷凍した場合には、解凍してから飲むことになりますが解凍した場合には、なるべく早く飲むことがおすすめです。
解凍の方法は、いろいろありますが、ぬるま湯につけて解凍するのがおすすめです。
ぬるま湯で飲むと少し冷たい状態で飲むことができます。
解凍して時間がたつと、空気に触れてしまって変色してしまいます。

時間がたつと栄養素が壊れてしまうだけではなくて、せっかく好きな味で作った場合でも、酸素に触れると味も色も変わってしまう場合があります。
そのため、新鮮なうちになるべく、早く飲んだほうが良いです。
また、保存する場合に使う容器は、ジャムなどを作る場合と同じで煮沸消毒などをしてから使うと安心です。
また、葉をジューサーにかけただけで、飲むときに気分によって混ぜるものを変えて飲むことができるのも手作りの魅力です。
レモン汁を混ぜたり、はちみつを混ぜたりするほかに、牛乳などを混ぜて飲んでも美味しく飲むことができます。

甘いのを飲みたい場合には、はちみつの量を増やしたり、そのときの体調や気分によって調節できます。
りんごやばなななどのフルーツと一緒にとっても、青臭さがとれてフルーツの甘みが感じられてとてもおいしく飲むことができます。
毎日違った味を楽しむことができるので、おすすめです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other