青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

子供達も喜んで食べる青汁を使ったお料理

青汁は美容と健康にとても良い効果があるので毎日飲む習慣を付けているのですが、実際に私は数年前に大きな病気をしてしまいその頃から身体が健康である事は何よりの財産である事をあらためて実感しました。

病気になってしまうと一切の家事がストップしてしまうので、家族に大きな負担を掛けてしまう事や実家の両親にも本当に心配を掛けてしまった事が何より辛かったです。
比較的若い頃から身体は丈夫だったので自分は病気になる事は無いと何の根拠もない自信を持っていたのですが、体調が悪いと感じて病院に行った時に大変な病気が見つかりました。

約3週間の入院だったのですが、このままだといつかまた同じように迷惑をかけてしまうと思った私はすぐに以前から気になっていた青汁を頼みました。
食生活は健康にとても密接な関係があるのですが、普段食事に気をつけていても農薬や添加物などは知らず知らずの間に身体の中に入ってきてしまいます。
またバランスの摂れた食事を毎日提供するのもかなり大変な作業なのですが、青汁の場合は一日に必要な栄養素がギュッと詰まっているうえに無農薬の契約農家が栽培しているので家族全員が安心して飲む事が出来て助かっています。

今ではお陰さまで身体の調子も良くなり青汁のおかげだと確信しているのですが、水やお湯に溶かして飲むだけでなく色々なお料理にアレンジして使う事が出来るので味に変化が欲しい時などにも便利です。
またお菓子に入れて保存しておくと無添加で身体にも優しいおやつが出来るので毎日経済的にもかなり安上がりで助かっています。

家族と自分自身の健康のためにも毎日青汁を飲んでいるのですが、最近は色々なお料理に使う事で子供達も飽きる事無く摂取出来ています。
ただ注意しなければいけない事もあるのですが、かなり熱を加えてしまうとせっかくのビタミンや身体に必要な栄養素が壊れてしまう事があるのナ出来るだけ熱を加えないような方法でお料理を作っています。

例えば炒め物などに入れる場合は最初から入れるのではなくある程度炒めたあとに最後入れる事で効率よくビタミンや栄養素が摂取出来ます。
私はカレーやシチューに良く入れているのですが、最初から入れるのではなく食べる寸前にスティックを数本入れてからサッと混ぜて出しています。
ほのかな青汁の風味はシチューに入れると抹茶のような風味になるので家族にも大好評なのですが、パスタの場合はジェノベーゼを作る際にバジルの代わりに入れると独特の苦みなどもあるので身体にもお肌にも良いレシピが完成します。

またママ友が遊びに来た時に一度出して大好評だった飲み物があるのですが、それがラテです。
とても簡単に出来るのですが、牛乳と青汁をしっかり混ぜてから泡だてたホイップクリームをうえに乗せて完成です。
これはプリンも作れるレシピなので時間がある時はゼラチンを混ぜたりしてアレンジも出来ます。

様々なお料理に使える事でさらに我が家は大ファンになっているのですが、使い始めてからは気のせいか子供達は風邪を引いたりする事がなくなり昨年流行したインフルエンザでクラスの多くの同級生が休んでいる間も移る事もなく、毎日健康に過ごす事が出来ています。

画像

Menu Menu

Recommend

Other