青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁でアレルギー疾患が改善しました

18歳の時に、大人のアトピーになりました。
その時から、青汁を飲み始めました。
アレルギーを軽減する効果があると知ったからです。
本や健康雑誌を読んで、アレルギーに良いと言われるものは何でも試しました。
まず、ゴボウや大葉を生で食べました。

お風呂に、ウーロン茶やニンニクを入れて浸かりました。
ジャンクフードを断って、チョコレートなどの甘い物を禁止しました。
食べたい物を我慢して、和食中心の食生活を心掛けました。
青汁も、試した方法の一つでした。
始めて飲んだ時は、おいしいと感じました。

ゴボウや大葉を生で食べるよりも、ずっとおいしかったのです。
苦いイメージを持っていたので、意外でした。
これなら、辛さを感じずに飲めると思いました。
大人のアトピーの特徴は、顔の症状がひどいことです。

実際に、私の顔も真っ赤に腫れあがりました。
さらに、ジュクジュクとした傷から、つゆがでるようになりました。
かゆいだけではなくて、強い痛みも伴いました。
水さえもしみるので、洗顔する度に激痛が走りました。

あまりに炎症がひどくて、化粧水やクリームでケアすることもできな状態だったのです。
まるで、顔に火傷をしたような症状でした。
子供のアトピーは治るケースも多いそうですが、大人のアトピーは重症化することが多くて厄介です。
一度発症してしまうと、仲良く付き合っていくしかない病気です。
根本的に治すことは、今の医学では不可能です。

病院でもらう薬は、今でている症状を抑えることしかできないからです。
完治ができない以上、目指すのはアレルギー症状を軽くすることです。
病院の薬をやめると、抑えていた症状が再びあらわれます。
しかし、いつまでも薬を飲み続け、ステロイドを塗り続けるわけにはいきません。

病院に頼らず、自分自身でアレルギーを軽くする方法を見つける必要がありました。
私が目をつけたのが、青汁だったのです。
病院の先生に言われたのは、アトピー患者の多くにみられる共通点です。
それは、腸内環境が悪いということです。

アトピー患者は、善玉菌が減って悪玉菌が増えている人が多いそうです。
善玉と悪玉が逆転しているというわけです。
一度こうなってしまうと、食べ物から乳酸菌http://xn--fkqz7hh16cemc8ty.com/を摂取しても、お腹の中で育たないそうです。
だからこそ、青汁の出番なのです。
青汁は、アレルギーを軽減するほかにも、腸内環境を整える働きがあります。
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことができます。

アトピー患者の腸内環境は、悪玉菌が多い状態です。
反対に言えば、腸内環境が良くなれば、アトピーが軽くなる可能性があるということになります。
毎日飲むようになって一年ほど経つと、病院の薬を飲まなくても良い日が増えていきました。
毎日飲んでいた薬は、症状が悪化した時だけ飲めばいい状態になっていきました。

顔の赤みやジュクジュクもなくなり、アトピーだ言わなければ気づかれない程度にまで回復しました。
何より、落ち込んでいた気持ちが軽くなりました。
アレルギーに良い方法は色々試しましたが、一番長続きしたのは青汁でした。
飲みやすかったからです。
青汁を信じて飲み続けたことで、アレルギーが軽くなったのです。
あの時、飲み始めて本当に良かったです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other