青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

通信販売で青汁を購入した体験について

今は実家暮らしの生活をしており、比較的バランスのとれた食事を摂っていますので、通信販売での購入を休止していますが、1年前までは一人暮らしをしており、お世辞にもバランスの取れた食事を取れているとはいえない毎日を送っており、年齢も30代となったことを考えて、通信販売で粉末状の青汁を購入し、毎日飲むのを日課にしていました。

初めて粉末状の青汁を通信販売で購入したのは、社会人になってからではなく、随分以前のことになりますが、やはり食事のバランスのことを気にし始めた大学生の頃でした。
その時に購入した青汁というのが、非常に苦くて飲みにくく、また舌や喉にその感触が残るもので、体にいいとは言え、こんなに飲みにくいものなのかと抵抗を持ってしまいました。

それからは、暫く青汁から遠のいてしまい、市販の野菜ジュースなどを買って飲んでは野菜不足を補うという毎日が暫くの期間、続きました。
しかし野菜ジュースも妙に甘ったるいものや逆に苦すぎるもの、果実が過剰に入っているものなど種類は様々ありましたが、どうも自分が望んでいるものに合うものがなく、試してはまた別の商品に変えてという状態が続き、継続して摂取できるものに出会えませんでした。

野菜ジュースの中にもあまりしっくりくるものがなかったため、家で自炊する機会を増やし、野菜を煮込んだり、サラダにするなどして自分で調理して摂取しようかと試みたのですが、年を追うごとに仕事が忙しくなり、毎日日付が変わる頃に帰宅するような状態でしたので、とても自分で調理する気力など沸かなくなってしまい、これも断念せざるを得なくなりました。

そのような野菜摂取不足の状態が続いている中、私の仕事の勤務地も兵庫県の西宮から横浜、仙台へと次々と変わり、慌ただしい生活を送っている中、仙台赴任中に東日本大震災に出くわしました。
巨大な地震により、建物に大きな被害が出て、建物管理を仕事としている私にとって、その修繕工事の手配や合意形成の補助、行政機関等の折衝等で、通常でさえ忙しい仕事が一層忙しくなり、今まで以上に手っ取り早く野菜を取れないかと考えるようになっていました。

そんな最中にテレビCMでたまたま目にしたとある会社の青汁の商品を目にし、これなら手っ取り早く、朝、仕事に出|ける前に野菜ジュースを飲む感覚で素早く飲めていいのではないかと思うようになりました。
その時、以前学生時代に飲んだ後味の悪いイメージが思い返されましたので、取り敢えず試験的に飲んでみようと、最初の1セットのみ1000円というキャンペーン商品を購入して試しに飲んでみました。

その結果は私が予想していたものよりはるかに飲みやすいもので、すっかり気に入ってしまいました。
その後、注文を重ねてほぼ毎日青汁を飲むようになり、また飲み方も従来の水で割って飲む飲み方だけでなく、牛乳に入れて溶かして飲んでみたりと色々工夫したところ、ますます飲みやすいものになり、愛用できるようになってきました。

私は公私にお酒を飲む機会も多かったので、お酒が次の日も残ってしまい、調子が悪い時もこれだけは毎日飲んでから仕事に出掛けるようにしていました。
だるい中、朝一杯だけでも胃の中に流し込むことで、心なしかシャキッとしたように思います。

画像

Menu Menu

Recommend

Other