青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁をくれた親戚に感謝しています

親戚が家に遊びにやって来た時、お土産に青汁をもらいました。
体に良いから飲んでごらんと言われました。
健康に良いということは知っていましたが、美味しくないというイメージがあったのであまり興味がもてませんでした。
せっかくもってきてもらったのだからと、お湯にとかして一杯だけ飲んでみたのですが抹茶のような少し苦味のある味で、飲めなくはないけど積極的に飲むほど美味しいものでもないというのが感想でした。

しばらくしてテレビで40歳過ぎてとても若々しくきれいな女性が、腸の健康をとても気にしていることを知りました。
腸のため食生活に気をつけ運動をしているそうです。
腸が不健康だと腸内に悪玉菌が増えて肌荒れしたり、体が冷える、免疫力が落ちて風邪等をひきやすくなったりするそうです。
また花粉症などのアレルギーも腸が不健康なためおこるのだとか。

また腸が不健康だとイライラしたり、夜寝つきが悪くなったりするそうです。
当てはまる項目が多かったので、腸が不健康なんだと思いました。
今まで便秘症ではなかったのですが、急にお通じが悪くなりだして加齢のせいなのかと気にしていたところだったのです。
その女性の冷蔵庫の中が紹介されていたのですが、青汁が大量に入っていました。
彼女は毎日、腸の健康を維持するためにヨーグルトとお漬物、青汁を摂っているそうです。

青汁に含まれている食物繊維は腸内にある善玉菌のビフィズス菌を増やす役割をしています。
また食物繊維は腸の壁を刺激して、便を押し出すぜん動運動を活発にする働きがあるそうです。
この番組を見て私も毎日青汁を飲むことにしました。
毎日飲むのなら美味しく飲みたいと思い、苦味が気になったので牛乳に混ぜて飲むことにしました。

甘みも少し欲しかったので腸に良い、オリゴ糖を入れて飲んでみるとまるで抹茶ミルクのような味になりました。
そして便秘解消の効果もありました。
以前のように毎日すっきり出来て嬉しい限りです。

料理にも使えるそうなので、家族の健康を考えてスープを作ったりてんぷらの衣に混ぜたりと、少しずつ使っています。
毎日飲み続けているとお通じがよくなった他に、肌にはりが戻り透明感が出てきたのに気づきました。
以前はもっとパサパサした感じで、脂分も水分も少なく、やっぱり加齢のせいで女性ホルモンが低下しているせいなんだろうなと思っていました。
更年期を迎え体調が変わるのは仕方がないと思っていましたが、なんだか肌や髪に艶がなくなっていくのがショックでなんとかならないかと思っていたのです。
青汁は抗酸化作用の強いビタミンがたくさん含まれているので老化を防ぐ働きがあるそうなのです。

血行を良くしたり、毛細血管を強くする効果もあるそうで美容にとても良い食品なのですね。
このまま飲み続けていけば、あのテレビで見た人のように艶やかな肌を取り戻すことが出来るかも知れません。
またカルシウムも多く含まれています。
実は牛乳で割って飲むようにしたのは女性ホルモンが減って起る骨粗しょう症が心配だったからなのですが、青汁にもカルシウムが沢山含まれていて骨を強くする作用があるそうです。
またビタミンKやビタミンC、マグネシウムも入っていますが、それらも骨を強くする働きがあるそうなので安心です。

画像

Menu Menu

Recommend

Other