青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

産後の便秘を治してくれたのは青汁でした

私はもともと、便秘には悩まされたことのない人間でした。
それがあるときを境に便秘に悩まされるようになったのです。
それは出産。
出産後すぐに便秘になりました。

でもそれは産後よくあることと聞かされていたので、入院中は座薬をいれてもらって出す、それでいいとあまり気にしていませんでした。
問題は退院後でした。
ただでさえ初めての育児。
子どものことが精いっぱいで、自分のご飯のことも、そして水分をとることもあとまわし。
そんな生活が続くうち、気づいたらひどい便秘になっていたのです。
今まで、1日便がでない日はたまにありました。

でも、そんなときはバナナジューズを作って飲んだり、野菜を少し多めにとれば次の日はすぐ調子が戻っていました。
産後の便秘も、自分のご飯があとまわしになっていたせい。
そう思って、食物繊維が豊富と言われる野菜を多めにとり、バナナジュースも作って飲みました。
でも、なかなか調子がよくなりません。

毎日でるようにはなったのですが、固くて量が少ない。
どんなに食生活に気を付けて食物繊維を摂るようにしても、調子が良くなることはありませんでした。
不安になった私は、病院へ行きました。
そこで先生に言われたのはびっくりするような内容でした。
「あなたの便秘は腸の中が過敏になって起こる便秘。

なるべく消化のよいものを食べないといけないし、食物繊維の多い食事は逆効果。
」そんな便秘があるとは知りませんでした。
今までずっと、体に良いと思ってしてきたことが、体を痛めつけていたのです。

食物繊維ではなくて、吸収の良い食事を摂る。
体のためには野菜も摂りたい。
でも、自分のご飯のために野菜を毎日ミキサーにいれてジュースにしたり、すりつぶしたり、そこまでの手間をかける時間と余裕は、まだ小さな赤ちゃんを育てている私にはありませんでした。

気軽に、そして毎日続けられるもの。
もちろん、消化しやすいもの。
何かないだろうかとインターネットでさがしているとき、出会ったのが青`でした。
青汁の多くは緑黄野菜を絞った汁です。
細かく粉砕したものもあります。
これならもともと細かくされているので消化されやすい。

栄養も多く含まれているので、野菜不足にも良い。
これだ、と思いました。
さっそく粉状で水にとかして飲むタイプの青汁を注文しました。
味への不安はありましたが、温かい牛乳にとかして飲むと私には飲みやすく、これなら毎日飲めると思いました。
そして3日後、久々に良いお通じがありました。
本当に久々でした。
悩まされたことのない便秘にはじめてなり、便秘には食物繊維が良いのだろうと野菜を食べても改善されなかった私の便秘。
食物繊維ではなくて、消化に良いものを食べないといけなかった便秘です。
青汁は、私の便秘にはとても効果がありました。
お腹にやさしく、野菜の栄養を摂ることができました。
産後は、思った以上にストレスがたまるもの。

そのストレスでなるのがこの便秘だそうです。
ストレスからくる便秘なので、食物繊維では改善されません。
過敏になった腸を優しく消化のよい食事で休ませるのが一番。
育児の合間にさっと飲めて、栄養補給もできる青汁をこれからも自分の体のために飲み続けていこうと思います。

画像

Menu Menu

Recommend

Other