青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁三昧は抹茶味で美味しく飲めます

青汁は一日に必要な野菜成分を手軽に摂取できる飲み物として有名です。
最近はテレビのコマーシャルや通販番組でも見かけない日がないと言ってもいいほど良く見かけるものです。

しかも様々な種類の青汁が色々なメーカーから販売されており有名人や芸能人の中にも愛飲している人が数多くいるようです。
人々の健康志向の高まりがひとつの原因だと考えられますが、例えばタバコなども禁煙、分煙の動きが強まり人々が健康に過敏になっていることが伺えます。
以前から青汁は販売されていましたが、過去のものはその不味さから敬遠する人も多かったのです。
有名悪役俳優が出演していたコマーシャルは有名で、その中で発する一言である不味いもう一杯というフレーズが逆に強い印象を与えるものでした。
実際に私もその当時青汁を飲んだ経験がありますが、とても不味くて飲めなかった記憶があります。

そしてテレビ番組では罰ゲームに使用されることも多かったほど、その不味さは際立っていたのです。
確かに健康には良い飲み物と分かっていても不味過ぎたら飲みたくないものです。
緑葉野菜を絞った汁のことを言いますが、最近は粉末状の粉を水に溶かして簡単に飲めるようになっています。

前述したように様々なメーカーから販売されていますが、私は数ある中から青汁三昧を定期的に購入し毎日1杯から2杯飲むようにしています。
普段は普通にミネラルウォーターに溶かして飲むようにしていますが、たまに牛乳で割って飲んだりもしています。
ひと箱に60包入っているので1日2杯飲んでも1ヶ月飲むことができるので重宝しています。

とにかく私は飲みやすく感じており、これからも飲み続けて行くつもりです。
私が飲んでいるものはケールが含まれています。
ケールは他の商品にも使用されており根本的な原料のひとつです。

ケールはあまり食卓には出ない野菜ですが、ビタミン類などの栄養がとても多く含まれており、青汁を飲むことで毎日それらの栄養素を補うことができるのです。
三昧で使用されているケールは、中国産で全て手作業でつくられており、大変美味しく仕上がっているのです。
他にはゴーヤなども使用されていますが、最近はスーパーなどでも良く見られるようになっています。

ゴーヤの効果は血糖値やコレステロール値を下げる作用があります。
また大麦若葉も使用されています。
大麦若葉はビタミンCなどが大変豊富に含まれています。

青汁三昧は前述した栄養素を豊富に含んでおり、抹茶味でとても美味しく飲めると評判なのです。
実際に多くのタレントさんたちも体験しており、飲みやすくて続けられるという人がたくさんいるのです。
中には色んなものを試した結果、これが一番美味しく飲めるという人もいます。
私も今までに飲んだ中で一番美味しいと感じています。

それが故に毎日飲み続けることができるのです。
抹茶味でさっぱりと飲めるところにも魅力を感じます。
このように多くの人が美味しく飲めると感じているのです。

以前と比べると大きな変貌を遂げているのがわかります。
つくる人たちも試行錯誤を重ね、いかに美味しく飲み続けられるように工夫をした結果が伺えます。
他にも色んな種類のものが販売されていますが、中にははちみつ味やマンゴー味で飲みやすく工夫されているものもあるようです。
とにかく健康のために今後も飲み続けて行きたいと考えています。

画像

Menu Menu

Recommend

Other