青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁の健康効果と摂取方法に関する体験談

青汁は、ケールや大麦若葉、明日葉などを原料とした健康食品です。
摂取すると体に良いとしきりに言われています。
では、具体的にはどのように体に良いのでしょうか。
日本人はほぼ全ての世代で、一日に必要な野菜の摂取量を満たしていないと言われています。
現代の日本人は、潜在的に野菜不足なのです。

野菜にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれており、その不足は生活習慣病にかかるリスクを増大させるので、是非とも解消しなくてはならないものです。
青汁が体に良いと言われているのは、摂取することによってこの野菜不足を解決することができるとされているからです。
その原料は商品によって違いはあるものの、基本的には緑黄色野菜を原料として作られており、体を健康的に維持するビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。

このような栄養素を通常の野菜に代わって摂取することができるのが、その健康効果の秘密です。
実際に私も毎日飲んでいますが、ビタミンやミネラルを含んでいるので風邪をひきにくくなったり、肌が荒れにくくなったりと体の調子がとても良いです。
また、食物繊維を多く含んでいるので、お通じの改善にも効果がありました。

摂取するようになってからは、それ以前よりもとても元気に健康に毎日をすごすことができるようになりました。
勿論それ単体で野菜不足を解消できるとは考えられないので、普段はきちんとブロッコリやトマト、カボチャなどの緑黄色野菜を適量に摂取するよう心がけていますが、やはり毎日というのは難しいので、そのような時に補助的な食品としてとても心強い味方になってくれています。

また、青汁は悪玉コレステロールを減少させるとも言われております。
悪玉コレステロールは血管を老化させ、動脈硬化を起こしたり、様々な生活習慣病の元になるとも言われております。
青汁の健康効果は、これら生活習慣病の予防もできるそうです。

私にはまだそのような効果の実感はありませんが、将来の生活習慣病のリスクも考えて、今後も摂取を続けていくつもりです。
青汁には抗酸化作用があり、体の酸化による老化を防ぐとも言われています。
今の時代、男性・女性問わず健康や美容への関心が高まっています。
美容や健康に関する書籍や食品、健康器具など、様々な種類の商品が発売されています。

そして、美容や健康に強い関心があるのは私も同じです。
よくCMで見かける食品や健康法、サプリメントによっていつまでも若々しさを保っていたいと考えていました、そこで私も色々なアンチエイジング効果のある食品や美容商品を試してみました。

コラーゲン入りの食品や、ヒアルロン酸配合の化粧水を使用してみたり、肌のハリを保つエクササイズなどを試み、健康の維持とアンチエイジングに努めました。
しかし、続けるのが面倒ということもあってどれも長続きしませんでした。
その点、私が試してきた中では青汁は最も長続きしている方法のひとつです。

私の場合、食事の際などに水やお茶、牛乳に混ぜて飲んで毎日の摂取を心がけています。
水やお湯にいれると抹茶のようで美味しいですし、牛乳にいれると抹茶ラテのような味になります。
単純にこのような飲み方でもとても美味しいものなので、無理なく長く続けることができそうなのが私には合っているようです。
他にも、色々な料理に混ぜてみてもなかなか合うので、今後は青汁を使ったレシピの研究を進めてみようかと現在考えるに至りました。

画像

Menu Menu

Recommend

Other