青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

大切な友人からのうれしいプレゼント、青汁

私がはじめて青汁と出会ったのは、すでに数ヶ月飲み続けていた、友人からのすすめがあったからでした。
それまでの青汁のイメージはといえば、有名なCMで見ただけのもの。
健康になりそう、でも続けられるかが不安。
というものでした。

その友人によると、飲み始めてから、体が軽くなったのはもちろん、肌もキレイになってきた気がするというものでした。
いつ会っても、健康で元気、そしていつも元気な友人のすすめもあり、青汁の購入を考えていたところ、その友人がクリスマスプレゼントにと仲良しのグループに青汁をくれたのです。
その場は丁度お酒の席、何を思ったのか、私たちはお水にとかし、その場で飲み始めることにしました。

そして、みんなびっくり。

青臭いイメージが勝手にあったのですが、抹茶のような味と、野菜の甘さの味。
今まで想像していたのとは、まったく異なる味がしたのです。

これには、みんな驚きました。

水にもすぐとけるので、何度も混ぜなくてもよく、それで味もおいしい。
そして健康になれるのなら、ということで、その日から、友人からのプレゼントを大事に毎日、1日1包ずつ飲み始めてみることにしたのです。

水に溶かして飲むだけでも、おいしく楽しめましたが、それ以外の飲み方はないものかと考え、さまざまな飲み物で割って飲んでみることにも挑戦。
牛乳や豆乳などで試したところ、私のイチオシは、王道ですが、水でそのまま。
もしくは市販の野菜ジュースで割って飲むことでした。

甘めの野菜ジュースだと、抹茶の味が際立ち、ドロっとした重めの野菜ジュースで割ると、満腹感も増し、これだけで朝ご飯にもなるほど。
そして、ただ飲むだけでなく、その次に私が試した方法は、料理に取り入れてみる。
というもの。

どうしてもミネラルウォーター以外はのどを通らない…そんな時に私がよく食べるのが、カレー。
味がしっかりしているので、青汁の味は消えてしまうものの。
すぐに溶けるので、粉末の舌触りなどが残ることもまったくありませんでした。

次に私のおすすめは、お味噌汁に入れて飲むこと。
ちょっとだけ不思議な色になりますが、なんとも言えないおいしさがあるのです。
そして、朝ご飯として青汁を取り入れるときには、水や野菜ジュースで割ってのむのはもちろん、きなこと一緒に、ヨーグルトにまぜて食べることも。

これもお味噌汁と同様、少しだけ不思議な色になりますが、きなこの香ばしい甘さが引き立ちとってもおいしいです。

ちなみに。
きなこ無しでヨーグルトに混ぜてみたこともありますが、ヨーグルトとして食べるのはそんなにおすすめではないかも。
ただし、お塩をちょっとだけ混ぜると、野菜につけて食べるのにぴったりフグリーンヨーグルトディップができあがりますよ。

飲み続けて一週間もたつと、普段便秘がちの私ですが、おなかの痛みを感じることなく、スムーズにお通じを感じることができました。
それだけで、肌の調子も少しずつ整ってきます。
そして、冬は毎年1度は風邪をひいていた私が、特に体調を崩すことなく過ごすことができたのも、うれしいポイント。

美肌、体調不良の改善ときたら、次はダイエット。
ということで、最近は、食べる量をほんの少しだけ減らし、その分青汁を飲んでおなかを満たすことにも挑戦しています。

画像

Menu Menu

Recommend

Other