青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁が血栓の治療の妨げに?

現代人に足りない成分を豊富に含む青汁。
ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉・・・さまざまな原材料によって魅力いっぱいの青汁商品が販売されていますね。
高血圧防止、糖尿病予防など健康効果も高く、抗酸化作用によって美容効果も高いといわれる青汁ですが、実は飲んではいけない人がいるんです。

それは、抗血栓薬を飲んでいる方です。
擦り傷などができるとかさぶたができますね。
このかさぶたは止血のために作られるものですが、この際に重要な役割を果たす成分がビタミンKです。

ビタミンKというと、納豆などにも豊富に含まれ、青汁などにも含まれていることが知られています。
怪我をしたときなどに血を止める働きのあるビタミンKは、人間にとって必要不可欠な栄養素のひとつです。
血液中に塊ができることを血栓といいます。

この血栓ができてしまった方、できやすい方は血栓の治療を受けるのですが、ビタミンKの血を凝固するという働きがこの治療の妨げになってしまうというケースも少なくありません。
血液中に塊「血栓」ができてしまうと、血管が詰まるという重大なことにつながってしまうため、血の塊ができないように血液をさらさらにするため、抗血栓薬というお薬が処方されます。
このお薬を飲むことで、血栓ができないように予防することができるんです。

このお薬の代表的なものに、ワルファリンというお薬がありますが、これらの抗血栓薬を常用している方が青汁を飲むことで、お薬の作用を弱めてしまうことがあるのです。
もし血栓についてのお薬を処方されている場合には、医師から、成分的に摂取制限をしたほうがいい食品類についての説明があると思います。
青汁などは飲まないようにといわれたら、健康にいいからとすすめられても、飲まないようにしましょう。
特に医師から諸注意などがなく、摂取制限などされていない場合には、特に問題がないと思いますが、どの青汁もビタミンKが多いということには変わりないので、青汁を飲む前に、医師に確認をしておくと安心です。

画像

Menu Menu

Recommend

Other