青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

葉酸を多く含む野菜で貧血予防!

皆さんは葉酸という成分を知っているでしょうか。
妊婦さんはこの葉酸という言葉を聴くことが多いと思いますが、青汁には葉酸が豊富に含まれているものが多く、特に妊婦さんには積極的に摂取してほしい成分です。
青汁に含まれる成分としてあまり知られていない葉酸という成分は、ビタミン類の仲間でこれまた聞きなれないビタミン、「ビタミンM」と呼ばれています。
水溶性ビタミンで青汁には豊富に含まれています。

葉酸の働きを知っておきましょう。
動脈硬化予防、神経障害の改善や貧血などに効果があるとされています。
このほかにもがん細胞抑制に力があるのでは?ということもいわれています。
妊婦さんに特に子ってほしいのが、胎児の細胞分裂に不可欠な栄養素だということです。

またDNA構成にとっても必要な成分です。
葉酸の中でもDNAに関連する養蚕が不足してしまうと、DNAがコピーされる際に以上をきたし、無脳症や神経管閉鎖障害などの重篤な疾患を持った子供が生まれるリスクが高くなるということがいわれているのです。
このため近年特に、妊婦さんに葉酸をしっかり摂取するようにと教育されています。
葉酸は食品にも多く含まれていて、果物やレバーなどにも含まれていますが、これらの食材は加熱などの調理工程で葉酸が失われてしまったり、長期保存してあったことで葉酸が壊れてしまうということが起こります。

そのため、効率よく葉酸を摂取するために青汁がいいといわれているのです。
青汁にはケールや、大麦若葉、明日葉などの葉酸を含む原料が利用されていますが、なかでもケールには豊富な葉酸が含まれています。
もちろん毎日の食事の中から葉酸を積極的に摂取するために、新鮮な生野菜を食べるということの望ましいことですが、サポート的に青汁を摂取しておくと安心です。
青汁にはカルシウムやビタミン、ミネラルやカリウムなど、葉酸以外にも豊富で良質な成分がたっぷり含まれていますので、妊娠中も妊娠後も、積極的に摂取してほしい健康食品です。
特に貧血防止には高い効果が期待できますので、貧血気味という方は継続的に毎日利用してほしいと思います。

画像

Menu Menu

Recommend

Other