青汁の効果・効能.com

ケールや明日葉、大麦若葉などの素材別の魅力を解説!

メインイメージ(スマホ用) メインイメージ 画像1 画像2 画像3
ランク 一位 知識

青汁で腎機能強化

人間の体には無駄な部分は一切なく、筋肉も臓器も生きていくために毎日その機能を利用しています。
尿を排泄するということは老廃物を排出するためにも重要なことで、その尿を生成する機能を持っているのが腎臓。
とても大切な臓器で体の中に左右二つ、あります。

腎臓は老廃物やコレステロール、塩分など体に不必要なものを体外に排出するという大切な機能を持っているのです。
何らかの原因でこの機能が低下してしまった場合、血液の中には腎臓で処理できなかった老廃物などが流れ、血液がどろどろ状態になってしまいます。
腎臓機能がかなり低下してしまった場合、血液を浄化する機能が低下し、自分では浄化ができなくなってしまいます。

こうなってしまったら人工透析を行うようになってしまいます。
ただ人工透析を行うということは体にとっても大きな負担となることで、水分の摂取や食事の管理などもしっかり行い、これ以上健康を阻害しないように勤めなければなりません。
腎臓が弱いという方は、普段からバランスのいい食生活をここがける必要があります。

腎臓に負担をかけないためにも、ミネラルやビタミンなどの栄養素をしっかり補給することが必要です。
サプリメントなどで補うという方も多いのですが、サプリメントの場合、成分量が濃すぎるということもあるため、食事で摂取するという行動と近い自然な成分の青汁がいいといわれています。
ただ注意も必要です。

腎臓病予防に青汁はお勧めできる健康サポート食品ですが、腎臓病にかかっている方が安易に摂取するのは危険です。
慢性腎臓疾患や人工透析患者さんが青汁を飲むことで、逆に危険になる可能性もあるのです。
青汁商品は多数あり、健康成分であるカリウムが豊富という商品も少なくありません。

カリウムは体内の過剰な塩分を排出するなど重要な働きを持つミネラルです。
通常健康な人は健康のためにも欠かせない成分ですが、腎臓が弱っている方の場合、カリウムを排出するという力がないため、逆に体内にカリウムが多いという状態になってしまう場合があります。
これが進むと高カリウム血症を引き起こし、嘔吐、しびれ、不整脈、血圧低下などの重篤な症状を起こす危険性があります。
腎臓が弱いという方が血液状態をよくする、バランスのいい食事のサ|ートに青汁を飲むということは効果的だといわれていますが、すでに腎臓病になっているという方は、青汁を安易に飲むということが危険なのです。

画像

Menu Menu

Recommend

Other